20代の膝痛

PF11

20代の膝痛

 

 

20代で膝が痛いというのは、老化現象による痛みではありません。
では、どうして膝痛が起きてしまうのでしょうか。

 

膝痛というのは、肥満やスポーツ外傷が原因となっていることもあります。
冬場のスキーやスノーボードなどによって膝痛の原因となっている外傷を負っている、ということもあるのです。

 

20代で膝が痛い原因として最も多いのは、半月板の損傷です。
膝を捻るような動きをした時には、この半月板を損傷しやすいといわれています。
スキー、スノーボード、スケートといったもので起こりやすいのがこれです。

 

もちろん、半月板の損傷だけが20代での膝痛の原因となっている、というわけではありません。
半月板の周囲にある人体、関節軟骨の損傷と同時に併発をして起こることが非常に多いです。

 

スポーツをしている方にとっては起こりやすい病気ではあるのですが、この症状に対してはどのような治療を行うべきなのでしょうか。
半月板損傷に伴って起こる20代の膝痛を取り除くためには、まずは損傷した半月板を切り取って形を本来あるべき状態に整えるということが多く用いられます。
もしくは、割れてしまっている患部を縫合するという方法もあります。

 

どちらにせよ、20代での膝痛というのは老化現象によるものではない、ということをよく覚えておいてください。

PF11