足裏の痛み

PF11

立つ仕事でたまる足の疲労

 

慢性的な痛み、職業病的な痛みによく効くクリームがあります。「PF11」という機械のような名前ですが、これは「ペインフリー」の略で、11の痛みに効く有効成分が入っているよという、名前の通り痛みによく効くクリームです。

 

慢性的な痛みも職業病的な痛みもさまざまでしょうが、私が特にPF11をおすすめしたいのは、立ち仕事で足に疲労が溜まり、痛みを感じている方です。怪我ではなく、決して力仕事ではない。ましてや肉体労働でもないはずなのに、痛みが出るほどの疲れが出る。

 

お仕事で日がな一日立っていなくてはならないというのは、経験したことがある方でなければなかなか理解できない辛さではないでしょうか。特に女性の方で立ち仕事と言えば、接客業かなにかで踵の高い靴を履いていたり、無暗に足元を動かす訳に行かなかったりと、負担が倍増する要素がたくさんあると思います。

 

立つ仕事というのは、動きが少なければ少ない程辛いものです。動いていればまだ血も巡り疲労も流れますが、ただ立っているだけだと特定の箇所に疲労が蓄積していくばかりですからね。

 

正しい立ち方、疲れない姿勢というものはあるのでしょうが、簡単に身に付くものではないでしょうし、疲れが溜まるから姿勢が崩れるという相互関係にもなっています。当然、足の疲労、むくみ、痛みと付き合うために、さまざまな対処をするでしょう。

 

マッサージやストレッチはもちろん、血流を良くするソックスや少々の筋肉トレーニングをする方もいるかもしれません。しかし、そんな努力も追いつかないほどの疲労に襲われたとき、その疲労はすぐに痛みとなってしまいます。そんなときに使ってほしいのが、PF11なのです。

 

PF11

PF11

立ち仕事で辛い足裏の痛み、ふくらはぎの痛みにPF11記事一覧

PF11のおすすめポイントPF11がおすすめのポイントは、もちろん痛みが取れるという点なのですが、それよりも特筆すべきは、よくある鎮痛消炎剤の類とは違い、においがあまり気にならないという点だと思います。スポーツや何かで足をひねった、打撲したという場合、スースーと刺激的なにおいを残す冷却スプレーや湿布、軟膏を使うと思いますが、PF11はそのスースーの元であるメンソールの配合量が少なく、においも冷える...

足底筋膜炎を知っていますか?立ち仕事で痛くなるのは、踵の骨や内くるぶしの直下にある骨あたりではないでしょうか。人によって立ち癖みたいなものがあるでしょうし、靴の問題もあるでしょうから一概には言えませんが、個人的な経験から言えば、どちらかと言うと足の後ろの方に痛みが集中する傾向にあると思います。また、これはスポーツ選手などによく見られる症状のようですが、立ち仕事をする方の中には足の裏が痛くなるという...

足のむくみと戦う女性に足の疲労がたまると、同時に気になるのは足のむくみではないでしょうか。よく、足がパンパンという表現をしますが、特に女性の場合、足に疲労が溜まると文字通りパンパンに腫れたようになってしまう方も少なくないはずです。原因としては血行の悪さや筋力の不足などいくつかあるようですが、病的なむくみでなければ血行を促進することである程度は改善できると言います。女性にむくみで悩む方が多いのは血行...