話題の最新iPhone7の特徴とは


ついに9月、iPhone7が発売されました。
まだ出たばかりなので、欲しいけれど購入はしていないという方も多いでしょう。
早いペースで新機種が出るので、2年縛りで契約してしまった人はなかなか変えられないというジレンマもあります。
さて、そんなiPhone7ですが一体どこが新しくなったのでしょうか。
まず非常に嬉しいのが防水機能が搭載されたということですね。
今までのiPhoneは防水加工がされておらず、少しでも水が入ってしまうとすぐに壊れてしまっていました。
防水の点ではAndroidの方が一歩先に行っています。
それからカラーが増えました。
シルバーやゴールドといった定番のカラーの他に、ブラックとジェットブラックが新登場。
シックで高級感溢れる、大人向けのカラーです。
反対に無くなってしまったのがイヤホンジャック。
別売りのイヤホンを買えば無線で使えるのですが、正直コード付きのイヤホン愛用者に取っては不便です。
良くなったところもあれば改悪とも言える部分もある、iPhone7の紹介でした。

 

iPhoneSEのカメラの画素数は?

 

スマホに搭載されているカメラはどんどん進化しています。
画質も本当に良いですよね、ガラケー時代とは比べ物になりません。
ただ、最近のスマホはそれほどパッとしないというか、驚くような機能はありません。
Siriの登場は革命的でしたが、iPhone6以降はそれほど進化していないような感じがします。
そしてiPhoneといえば新しく発売されるのがiPhoneSE。
価格は450ドル前後だそうですよ。
最近は円の価値が下がってきているので、安く買えるかもしれません。
iPhoneSEに搭載されているカメラは1200万画素だそうです。
この数値はそれなりに性能の良いデジカメと同じ。
デジカメはもう必要ないですね。

 

カメラの使い方が難しすぎる


カメラを購入して使ってみると、なんだか操作が難しくて使いこなせないことが多いです。
説明書を読むのは好きではないのですが、操作方法が難しくて結局説明書に頼ってしまうんですよね。
カメラを操作してくる時に出てくるISO感度というもの、どういう意味かと思ったら手ぶれを少なくして撮影できる機能だそうです。
専門用語が難しくて、説明書を読まないと絶対にわかりません。
他にも様々な文字やマークがあるのですが、なかなか覚えられないです。
カメラは毎日使うわけではないので、1ヶ月ぶりくらいに使用すると使い方を全て忘れてしまいます。
私のような人間には、高性能タイプよりシンプルなタイプの方が合っているのでしょう。

 

 

世界遺産がアジアで最も多い国とは?

 

アジアで世界遺産が多い国と言えば、やはり『中国』です。
万里の長城や始皇帝の墓など、壮大なスケールの世界遺産が目立ちます。
日本とはちょっと違った世界遺産で、楽しいですね。
でも、中国は世界遺産の他にも、食事が美味しかったり、日本人にとっては、すごく旅行をしやすい場所だと思います。
漢字から、なんとなく意味がわかったりもしますからね。
それは欧米出身者に比べると、日本人の方が、やっぱり中国語は理解しやすいんだろうなって思います。
中国の世界遺産は、沢山ありますので、全部を制覇するには、かなりの日数が必要になります。
私は北京をメインに周りましたが、もっと他の世界遺産がある地域にも行ってみたいですね。
三国志ファンにはたまらない場所もありますし、一度行くだけでは全部を見切れません。
ただ、中国の場合、北京などはまだ良いのですが、やっぱり地方の世界遺産になってくると、それだけトイレ事情が悪くなってくるのが、問題です。
世界一キレイ好きとも言われている日本人にとって、中国のトイレ事情があんまり良くないことが、やはり不満になってきますね。
中国の観光地ではトイレットペーパーを流せないケースが多いので、トイレに行くのが憂鬱になります。

 

 

サルが撮った写真の著作権は誰のもの?

 

以前、サルがカメラで自分の姿を撮影した写真が話題になりました。
黒い色のサルが、カメラに向かって口をニンマリと開けている姿が印象的。
見ているだけてなんだか笑ってしまう写真です。
しかしこの写真をめぐって、ある問題が巻き起こりました。
それは著作権が誰にあるのか、ということ。
カメラの所有者だった男性は自分の作品として販売していたようですが、ある時ウィキペディアでパブリックドメインとして画像が公開されてしまったのです。
著作権フリーになってしまうと、商売として成り立ちません。
そのためカメラマンは訴訟を起こしたのですが、アメリカでは動物の作品は著作権の対象にならないと反ばくされてしまったそうです。