藤城清治先生の版画

 

藤城清治先生の版画が欲しいなとずっと思い続けている私。でも版画を思うように買えるのも、先生がご健在のうちではないかなんて考えたら、今年中には一枚買っておこうと思う今日この頃。
それで調べていたら、疑問が。藤城清治先生の版画は、レフグラフとキャンパスジクレーがあって、どちらもシリアル番号とサイン付のもの。ネットで調べたら、レフグラフは通常美術品として取り扱われるとのこと。でも価格は、キャンパスジクレーの方がお高いんだよね。一体どういうことなんだろう。どちらもちゃんとしたお店で買えば、藤城清治先生の本物の作品であることは間違いないんだけど。

 

藤城清治先生の絵

 

藤城清治先生の絵が好き。見ていると、どこか懐かしく、とっても純粋で、幼い頃夢に見ていた世界がそのまま再現されているような気分になる。
藤城先生の絵は、販売されているものの中で、枚数限定版画がメインだと思う。大量印刷したポスターや葉書は、版画を印刷したものが多いんじゃないかな。版画には、シリアル番号と、藤城先生のサインがある。藤城先生の版画って、ジクレーとリトグラフがあるよね。どういう点が違うのかな。

 

 

 

ヤフオクの画像

 

ヤフーオークションに出品する時、私が撮影する画像が何だかすごく粗い気がするんだけど、どうしてだろう。
メルカリで出品する時も同じようにしてるだけなんだけど、メルカリの画像はうまくアップされるんだよね。ヤフオクの仕様の問題?それとも私のスマホがいけないの?
オークションで購入するのに、画像がきれいじゃないと購入するかどうかの判断がつかないから、画像が粗いのは困っちゃうよね。ちょっと原因を調べてみようかな。

 

ラッセンは海とイルカの絵を描く画家です

 

クリスチャンラッセンといえばアメリカの画家です。
とりわけ日本で人気がありますね。
海とイルカの絵を描く画家というイメージが強く、幻想的なデッサンが特徴的です。
ラッセンは幼少期にハワイに移り住んだそうですが、その時の美しい海の景色が影響しているのでしょうか。
私はあまり絵に詳しくないので、ラッセンがどのような作品を描いているのかよく知りません。
気になって検索してみると、日本語用のサイトがありました。
ざっと見たところほぼすべて海がモチーフになっていますね。
中でも私は「エンドレスパッション」という作品が気に入りました。
ほとんどの絵は青がメインですが、こちらは夕日を描いているのでオレンジ色で美しいです。

 

 

 

勝手に画像を拝借して貼り付ける行為

 

最近はネットで見つけた画像を、自分のSNSページやブログにアップする人が増えてきています。
私もついついやりそうになるのですが、この行為は著作権に違法してしまうんですよね。
ただ、個人の趣味のブログなどでは容認されていることが多いです。
とはいえ基本的にはダメなので、画像を勝手に拝借して貼り付けるのはやめましょう。
そして気をつけなくてはならないのが商用で利用する場合。
商用ですと利益も発生するので、勝手に画像を利用すると訴えられる可能性もあります。
商用のホームページなどで使う写真は、自分で撮影したものか著作権フリーのものを使わなくてはいけません。
簡単にネットができる時代だからこそ、気をつけたいですね。

 

 

懐かしの漫画

 

私が学生のころに
動物のお医者さんという漫画が流行りました。

 

シベリアンハスキーと
獣医学部の学生や教授たちが出てくる
1話完結スタイルの漫画です。

 

この漫画の影響なのか分かりませんが
一時期シベリアンハスキーが
すごく流行りました。

 

私の親戚がいきなりハスキー犬を飼い始めて、
驚いたことを覚えています。

 

結婚したり、引っ越しをしたりする中で
持っていたほとんどの漫画を処分しましたが

 

この、動物のお医者さんだけは
ずっと全巻持っていました。

 

そして久しぶりに最近読んでいます。

 

漫画の一番最後のページを見たら
発行が1990年台でした。

 

そんなに前の漫画だったのかと
改めてびっくりです。

 

1話完結のため
どこから読み始めても大丈夫で

 

寝る前にちょっと読むのが
ちょうどいいのです。

 

だいたい毎晩、1話か2話読むと
眠くなってきます。

 

一昨日はこの漫画のせいか
自分が獣医学部で勉強している
夢を見てしまいました。

 

私が動物のお医者さんを読んでいると
小5の子供も興味を持ち始め

 

「私も読んでみたい~」と言ってきました。

 

動物がたくさん出てくるので
子供にも面白いようです。

 

そして予想通り
「私も動物が飼いたい~」と毎日言われています。

 

漫画の中に
スナネズミというのが出てくるのですが

 

娘はそのネズミたちが
気に入った様子です。

 

でも、我が家にはネズミやハムスターなどの
小動物が大の苦手な夫がいるので

 

飼うことは無理でしょうね。