menu

logvision

ルイボスティーが身体に合わない人の共通点

Pocket

ルイボスティーは、ノンカフェインということもあり、カフェインを含んだものを飲むことができない妊婦の方から赤ちゃんまで年齢や飲みタイミングを選ばないお茶のため、人気があります。

便秘解消やアトピー性疾患の緩和、血行促進による冷え性改善などさまざまな健康面で効果があることがわかっています。

また、健康面だけでなく老化に関係している活性酸素を抑える働きもあるため、アンチエイジングや美肌などの美容面でも効果があるため、若い女性にもよく飲まれています。ルイボスティーは、見た目は紅茶のような赤い色で、風味や味は紅茶に似ています。日本茶に飲みなれている人にとっては、少し癖を感じることもあります。

ルイボスティーには、大量摂取さえしなければ副作用はあまりないため、独特の風味にさえ慣れることができれば、誰でも飲むことができます。

しかし、大量に摂取すれば、胃腸に負担をかけることによって水分の新陳代謝のコントロールが崩れて、身体を冷やしてしまうこともあります。

また、大量に摂取すると便秘を引き起こす原因になるタンニンが少量含まれていますので、過剰に摂取することで便秘を悪化させることもあります。

人によっては、ルイボスティーが体質に合わないこともありますので、購入するときは試飲することをおすすめします。

http://www.alleykatsheetmusic.com/

ウイスキーのルイボスティー割!?おいしいウイスキーの飲み方

お水や炭酸水で割る代わりにウイスキーをルイボスティーで割ることによって、ハイボールや水割りなどよりも角が取れて味をまろやかにすることができます。

そのため、お酒好きの方や普段から水割りやハイボールなどをよく飲む方などに向いていますし、口当たりが柔らかくなって飲みやすくなるので、普段あまり水割りやハイボールなどを飲まない方や苦手という方などでもウイスキーを楽しむことができます。

そして、お酒との割り方や飲む量などにもよりますが、普段お酒に飲まれてしまうという方などはお水や炭酸水などで割る代わりにルイボスティーで割ることによって、悪酔いや二日酔いしにくくなるなどの効果も期待できます。

しかし、割ることによって飲みやすくなる分お酒に弱い方などはあまり飲み過ぎないようにすることやお酒との割り方などに注意が必要です。そして、ウイスキーのルイボスティー割はアイスでもホットでも楽しむことができます。

そのため、夏などの暑い時期はアイスが向いていますが、寒い時期にはお湯割りなどをよく飲むという方はお湯で割る代わりに温かいルイボスティーで割ったホットを飲むことで、アイスとは違った味や香りを楽しむことができます。

関連記事

2019年3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

人気の投稿とページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。