ガンジダ膣炎と自然治癒について

 

カンジダ膣炎は性行為を行わなくても自己繁殖することによって発症する性病です。

 

真菌というカビの一種であるカンジダ菌は、皮膚や性器の周辺、口腔内に常在している菌でほとんどの人が保菌しています。

 

ただ、通常に状態であれば病原性の低い菌なので放置しておいても問題はないのですが、免疫力の低下などで異常増殖すると様々な症状をもたらします。

 

男性は、包茎の人でなければ症状が出にくく、発症していることにも気づきにくいのですが、女性はおりものが増えたり大小陰唇などに強いかゆみが出たりします。

 

症状が軽度であれば、わざわざ忙しいところに休みを取って病院で治療を受けなくても自然治癒することもあります。
免疫力が低下していたのが安定したりすれば膣内の善玉菌による自浄作用で増えてしまったカンジダ菌が死んでしまうこともあります。

 

ただ、カンジダ膣炎が発症した場合に自己判断で放置すると重症化したり治療が長引くことも考えられますので、余裕があるならやはり婦人科で一度診てもらうのが良いでしょう。

 

治療においても、抗真菌剤の膣錠とかゆみ止めの軟膏程度で治りますが、市販の薬を購入して使用するのはリスクが高いので、軽度のうちに完治させておくのも一つの手段と言えます。