ガンジダ膣炎の予防について

 

カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌は、空気感染や接触感染によりカンジダ菌に感染するのでは無く、元々膣内に存在する常在菌であるカンジダ菌が過剰繁殖して症状があらわれます。
その為カンジダ膣炎の予防は、カンジダ菌が異常繁殖出来ない様に常時外陰部や膣などを清潔にする事が非常に重要です。
予防法としては、毎日1回は入浴した際に陰毛や外陰部を石鹸でしっかりと洗い、シャワーを使って石鹸のついて無い手で膣の中まで洗浄し、手や指の届かない深部はシャワーの水流を使って洗浄します。
御手洗いを利用する際にも、シャワートイレのビデ機能を使って洗浄し、出来ればシャワートイレの温風乾燥機能も使って乾燥させて清潔にします。又、暑い季節の夏は、成人女性の2割がカンジダ膣炎を発症するとされ、カンジダ菌は高温多湿の環境を好むので下着は通気性の良い物を着用し、ナプキンやおりものシートはこまめに交換して外陰部を清潔に保ち蒸れない様に気をつけます。
カンジダ膣炎は、日和見感染症の一つであり、体調不良や疲労、ストレスによりホルモンバランスの崩れが著しい免疫力が低下をまねき、カンジダ菌の異常繁殖を引き起こし症状があらわれます。その為、常日頃からのストレス発散と体調管理もカンジダ膣炎の予防に有効です。