「カンジダ(カンジタ)膣炎」を再発させない方法とは?

 

カンジダ膣炎が順調に改善してきていても、気になるのは再発かと思います。

 

カンジダ膣炎が再発してしまう原因となっているのは、免疫力の低下や善玉菌の減少によって、酸性であるはずの膣内がアルカリ性へと傾き、カンジダ菌が増殖しやすい環境を生み出してしまうことにあると言えます。

 

これを防ぐにはどうすれば良いのか...その答えは善玉菌にあると言えます。

 

免疫の低下は体内の善玉菌の減少から引き起こされると考えられます。 カンジダ(カンジタ)膣炎の再発を防止するには、善玉菌を一定量キープすることで免疫を保ち、膣内の酸性状態を保ち続ける必要があるのです。

 

そして、そんな状態の維持に役立てられるのが「8種・350億個乳酸菌」です。
また、「8種・350億個乳酸菌」は「オレガノオイル」と併用することにより、更に強い殺菌力や免疫強化効果を期待することができると言われています。

 

生活習慣などから考えても、再発に対して不安のある方は、これらのセット購入も思案に入れながら、体質改善に望んでいくとカンジダ膣炎も怖くなくなってくるかもしれません。