子宮筋腫の治療を迷わないためにする方法

 

子宮筋腫になってしまうと、生理の時の苦痛が大きくなってしまうことがあります。どうしても経血が痛みとなって、刺激をしてしまうのです。治療によって軽減することもできるので、生理の度に大きな苦痛を伴う場合には、産婦人科を受診するのがお勧めです。

 

健康診断として子宮筋腫の有無を検査している女性も多くなっています。特に、結婚をきっかけに出産の希望が芽生えてくるようになると、リスクの有無は気になるのではないでしょうか。

 

いくら健康に思っていても、大きな筋腫が子宮内に存在することもあります。大きくなっても無症状のままの子宮筋腫も存在するのです。

 

こうした状況を踏まえても、子宮筋腫を早期に見つけて対応するには、相応の行動が必要になるのです。定期的な検査を行うことで、子宮筋腫の有無を診断してもらうのです。

 

自分では気づかない状態であっても、子宮筋腫の存在が明らかになれば、どのようにして治療を行うべきかを検討する必要があります。あまりにも小さい場合には、そのまま放置しておくこともありますが、それだけの対応であれば、やがて大きくなる可能性は十分あるのです。

 

安心して生活が営めるようになるためにも、子宮筋腫に対する柔軟な治療の方針を示してくれるところに相談するのが良いでしょう。

 

 

子宮筋腫に対する手術以外の治療方法について

 

子宮筋腫に対する治療は、手術治療だけではありません。一般的には手術で摘出するというイメージが強い疾患ですが、実際には薬による治療もおこなわれています。薬物治療よりも即効性が高い手術治療を選択する流れは現在もありますが、投薬による効果を得ている患者さんも多いのです。

 

薬による子宮筋腫の治療は、閉経状態にする治療が行われます。鼻からのスプレー状の薬を利用するのと、注射による治療方法もあります。女性ホルモンに働きかけを行うので、更年期症状のような状態になることもあり、治療期間が限られているというのが難点です。

 

ただ、治療をやめてしまうと、せっかく小さくすることができた子宮筋腫であっても、再び大きく成長する可能性があります。ピルを服用することによって症状を和らげることも可能です。経口避妊薬としての認識が高いものの、女性ホルモン量が少ないこともあり、筋腫の動きを抑制してくれるのです。ただし、継続をいつまでに設定するかが問題となることもあります。

 

超音波治療や子宮への血管をつめてしまう方法での治療もあります。いずれにしても、現状を把握したうえでの検討が重要です。
子宮筋腫の治療方法は、手術を選択しなくても色々なバリエーションがあります。ただ、どれを選択するかは、ある程度患者さん本人の意見が尊重されるため、最善の方法を選択できるように、正しい知識を養っておくべきでしょう。