静岡にある夢の吊り橋に興味深々

 

静岡といえば、やはり一番の見どころは富士山。
世界遺産にも登録され、観光客が急増中です。
たしかに富士山も気になるのですが、調べてみると静岡には魅力的な場所がたくさん。
その中でも興味を持ったのが静岡中部の寸又峡。
ここには夢の吊り橋と呼ばれる、全長90メートルの吊り橋が掛かっているんです。
しかもこの橋の下にあるのは大間ダム湖という、青色の水が特徴的なダム湖。
吊り橋というハラハラするような場所に、美しいダム湖が広がる景色はまるで異世界。
そのため夢の吊り橋と呼ばれているそうです。
ちなみに一度に渡れるのは10人だけ。
人数制限されると、なんだか吊り橋が壊れて落ちてしまうのではないか…という恐怖が高まります。